エルメス

エルメス(HERMÈS)銀座店内の銀座メゾンエルメス フォーラムでは、「ルパルクの色 遊びと企て」ジュリオルパルク展を、2021年8月13日(金)から11月30日(火)まで開催するエルメス メンズ バッグ コピー

ルパルク、日本初の個展

©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

ジュリオルパルクは、1928年、アルゼンチンに生まれ、1958年のフランスへの移住後は同地を拠点に制作を続けるアーティストだピートモンドリアンやロシア構成主義からの影響のもと、幾何学的な抽象画の制作を始めたルパルクは、1960年には視覚芸術探究グループ(GRAV)の創立メンバーとして活動するなど、アーティスト同士の協働にも取り組んだ

©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

GRAVは、視覚的錯覚や動力を用いたキネティックアート、そして公共の場での観客参加を促す作品によって、従来の美術作品の枠組みや鑑賞方法を覆すような体験を社会に投げかけた革命の熱気のさなか、ルパルクもまた政治的な運動に携わりつつ、芸術が限られた人びとに享受されることや、鑑賞者が受動的な位置に留まることに疑問を投げかけ、視覚的遊戯やゲームの要素を使用することで、誰もが参加できる芸術のかたちを提案していったのだったエルメス 財布 スーパー コピー

「色」をテーマに制作活動をたどる

©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

「ルパルクの色 遊びと企て」ジュリオルパルク展は、日本では初となるルパルクの個展だ主題となるのは、「色」ルパルクは1959年より、黒と白、そしてその階調を起点として、自ら構想した14色のみを使った作品を展開してきたそれは、色を幾何学的なフォルムや、可変性の比喩として捉えるものであり、色の可能性を追求する試みである

©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

本展では、初期のモノクロ絵画や色彩探求のドローイングに始まり、代表作である《ロングウォーク》や《反射ブレード》、そしてGRAVの時代から展開してきた、光や動きをとりこむモビールの新作を展示し、ルパルクの「色」に対する問題意識に迫る

Facade intervention | La Longue Marche | 1974-2021 | ©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation dFacade intervention | La Longue Marche | 1974-2021 | ©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

さらに、展示をファサードやウィンドウディスプレイ、エレベーターなどにまで広げるなど、メゾンエルメスのビル全体を使い、ルパルクが追求してきた“鑑賞者との開かれた出会い”を楽しめる空間を展開する

展覧会概要

「ルパルクの色 遊びと企て」ジュリオルパルク展
会期:2021年8月13日(金) 11月30日(火)
※ファサード展示は2021年7月29日(木) 10月中旬予定
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム 8階9階
住所:東京都中央区銀座5-4-1
開館時間:11:00~19:00(最終入場18:30)
※エルメス銀座店の営業時間に準じ、当面のあいだ開館時間を短縮
※最終入場は閉館30分前
※不定休(エルメス銀座店の営業に準ずる)
※開館日と開館時間についての最新情報はウェブサイトを確認
入場料:無料

銀座メゾンエルメス フォーラム