シャネル

現在、パリ市庁舎サン=ジャンの間において、伝説的ファッションデザイナーによる傑作ばかりを集めた「パリオートクチュール」展が開催中だ開催期間は2013年7月6日(土)までで、入場料は無料残念ながら日本で見ることはできないが、そんな方のために今回は展示作品の中から22点をご紹介

「パリオートクチュール」展では、ガリエラモード博物館のオリヴィエセイヤール館長とキュレーターのアンヌザゾが同館所蔵コレクションから、最も美しく繊細なオートクチュール作品約90を厳選これだけのオートクチュール作品が一堂に会するのはパリでも初の快挙また、世界的ファッションメゾンの舞台裏や作品の着想から完成までのプロセスがわかる、スケッチや写真もふんだんに展示オートクチュールを舞台裏で支えてきた縫製、刺繍、羽毛細工などの何千人にものぼる職人たちこれまで匠の伝統の技は受け継がれ、ファッションの中心地としてのパリの影響力の礎となっているスーパー コピー シャネル


左) シャネル(1930年)
右) ランバン(1928年)

展覧会を協賛するスワロフスキーもオートクチュールの関係は深いオートクチュール発展期の1895年に、ダニエルスワロフスキーはクリスタルのカットと研磨を行う革命的な技術を発明し、間もなくオートクチュールデザイナーとの協力関係をスタートさせた初のコラボレーションは、1900年にクチュリエのワースがデザインしたスワロフスキークリスタル刺しゅうの作品シャネル 財布 コピーその後もジャンヌランバン、ガブリエルシャネル、エルザスキャパレリといった第一線のクチュリエがクリスタルを作品にさりげなく採り入れる一方、1950年代にはジャックファットとクリストバルバレンシアガがきらびやかなクリスタル使いでファッションシーンを圧倒した


左) クリスチャンディオール – イブニングガウン“Palmyre”(1952年) シルクサテンにクリスタルとパールの刺繍
右) マドレーヌヴィオネ – (1931年頃) シルクサテン、クリスタル装飾のベルトバックル

■オートクチュールについて
「オートクチュール」の名称は1945年からフランスの政令によって法的に保護されているこの名称を使用するには、アトリエで手仕事による作品を2着以上作ること、独創性の高いオーダーメイドであること、1コレクションが75点以上で構成されていること、年に春夏と秋冬の2回キャットウォークショーを行うこと、一定の面積の布地を使うことなど、さまざまな基準を満たさねばならない

■パリ市ガリエラモード博物館について
ガリエラモード博物館は10万点に近いドレスやスーツとアクセサリーのコレクションを所蔵18世紀から現代までのフランスのあらゆるファッションスタイルと服飾習慣を網羅しており、そのうち1万点近くがオートクチュールデザインで占められている

【展覧会情報】
パリオートクチュール
主催:パリ市、パリ市ガリエラモード博物館
特別協賛:スワロフスキー
開催期間:2013年3月2日(土)~7月6日(土)
休館日:日祝
開館時間:10:00~19:00
場所:パリ市庁舎
住所:Hôtel de Ville, Salle Saint-Jean, 5 rue Lobau, 75004 Paris

【ブランドデザイナー一覧】
バルマン(BALMAIN)、Beer、カルヴェン(CARVEN)、シャネル(CHANEL)、クリスチャンディオール(Christian Dior)、クリスチャン ラクロワ(Christian Lacroix)、グレ(Gres)、ジャンパトゥ(Jean Patou)、Jerome、ランバン(LANVIN)、マドレーヌヴィオネ(Madeleine Vionnet)、メゾン アグネス(Maison Agnès)、ミュグレー(MUGLER)、Premet、スキャパレリ(Schiaparelli)、シャルル フレデリック ウォルト(Charles Frederick Worth)、イヴサンローラン(Yves Saint Laurent)
※アルファベット順