ヨシオクボ(yoshiokubo) 2019年秋冬コレクションが、2019年1月18日(金)にフランスパリにて、プレゼンテーション形式で発表された

“服に没頭する香り”を作る調香師をインスピレーション源に

ヨシオクボ 2019年秋冬コレクション、洋服に“没頭する”魅力的な香りを考えて|写真3

「もしも、服が魅力的になる香りがあるとすればどういった香りなのか?」今季のコレクションは、デザイナー久保嘉男の1つのユニークな発想から始まったそして“服に没頭してしまう”ような魅力的な香りを作る、想像上の調香師や科学者に想いを巡らせていく「彼らなら一体どんな香りを付けるだろう?」

ステレオタイプを崩す色や絵柄

ヨシオクボ 2019年秋冬コレクション、洋服に“没頭する”魅力的な香りを考えて|写真7

そんなイマジネーションから生まれたピースは、Yシャツやジャケット、ゆったりとしたジーンズやパンツなど、意外にもベーシックなメンズウェアがベースとなるしかし本来のアイテムの印象を打ち消しているのは、ステレオタイプを崩す色味や絵柄中でもエスニック柄のテキスタイルが印象的で、真っ赤なYシャツの胸ポケットや、スポーティーなトラックジャケットのスリーブに差し込まれていたりする

ミリタリーテイストに捻りを加えて

ヨシオクボ 2019年秋冬コレクション、洋服に“没頭する”魅力的な香りを考えて|写真2

コレクション全体に登場するミリタリーな要素にも、ヨシオクボらしいウィットが加えられるフライトジャケットを連想させる、フラップポケット付きのジャケットは、淡いピンクで色付け前身頃には柔らかなファーをあしらったまたカーキーのテーラードジャケットには、そのスリーブに糸のほつれたテキスタイルをドッキングさせて、荒々しさをプラスボトムスには、ゆったりとしたミリタリーパンツを組み合わせている

実験室の中をイメージしたグラフィック

ヨシオクボ 2019年秋冬コレクション、洋服に“没頭する”魅力的な香りを考えて|写真18

水滴が垂れるユニークなグラフィックは、調香師たちが魅惑的な香りを作るために実験を行う、ラボの中をイメージしたもの明るいブルーのグラデーションで彩られたグラフィックシャツは、ホワイトやグレーといった落ち着いたカラーパレットのスタイリングに差し込むことで、その瑞々しい表情をより一層際立たせている

色を失ったピースから見えてくるもの

ヨシオクボ 2019年秋冬コレクション、洋服に“没頭する”魅力的な香りを考えて|写真19

ひと際目を惹いたのは、洋服の型を繰り抜いたかのような、独特なフォルムを持つトランスペアレントなピースそこから浮彫になるのは、プリーツやポケットなど、普段意識しない洋服の構造だあらゆる実験的な手法によって、1つ1つの洋服に隠れた“楽しさ”が伝わるコレクションとなった