メアグラーティア(meagratia)の2019年春夏コレクションが、2018年10月19日(金)に渋谷ヒカリエで発表された

テーマは「incomplete」

メアグラーティア 2019年春夏コレクション - 不完全な花の美しさに魅了されて|写真13

東京コレクション初参加となるメアグラーティア花の不完全な美しさに着目したいうデザイナーの関根隆文は、天井を埋め尽くすほどの、無数のドライフラワーを会場に吊り下げたコレクションテーマは、「incomplete」

花で溢れたコレクション

蕾が膨らみ、満開となり、やがて花びらを落として土へと戻っていく“完成形”はないけれど、あるがままの美しい花々に魅了された関根は、そんな花の魅力を様々な形でクリエーションへ落とし込んだ

メアグラーティア 2019年春夏コレクション - 不完全な花の美しさに魅了されて|写真29

シャツを彩るのは、瑞々しいブルーやピンクの小花を散りばめたテキスタイルモデルの顔には、洋服から浮き出てきたかのようなリアルフラワーがペイントされているまた会場に吊るされている花と同じように、ドライフラワーのモチーフをフロントに配したスウェットも登場した

植物の生命を育むアースカラー

メアグラーティア 2019年春夏コレクション - 不完全な花の美しさに魅了されて|写真9

コレクションを彩るのは、淡いカーキーやブラウンといったアースカラーや、時折差し込まれるみずみずしいブルーそれらのカラーパレットは、花の土台を作り上げる土や森林、水を連想させるジャケットやTシャツは、まるで着古したようなやわらかな質感で、端正な顔立ちのモデルでさえも、親近感を覚える自然体の様子に映してくれる

“不完全”なシルエット

メアグラーティア 2019年春夏コレクション - 不完全な花の美しさに魅了されて|写真24

印象的だったのは、シャツやアウターの裾に取り付けられた、切れ端のようなテキスタイル裾からぶら下がるようにして取り付けられたこの生地は、ボタン付きで取り外しも可能右側だけぶら下げていたり、ほぼ落ちそうになっていたり、そのアレンジは様々だ前から見るときっちりとしたシルエットのジャケットでさえも、バックスタイルでは予測のできない“不完全”なシルエットを描き、観る者に余韻を残していた

レザーシューズで温かみをプラス

メアグラーティア 2019年春夏コレクション - 不完全な花の美しさに魅了されて|写真18

フットウェアには、リベルタス(LIBERTAS)のレザーシューズを採用クラフト感のある一足は、温かみのある雰囲気を足もとに添えていた