A.P.C.(アーペーセー)の2016年春夏コレクションが、2015年10月3日(土)にパリで発表された「相反する価値が共に存在する、両義的」という意の“アンビバレント(ambivalent)”をテーマに掲げた今シーズンは、メンズアイテムをそのままコーディネートに落とし込むというスタイルをメインに展開した

 

メンズアイテムをフェミニンなアイテムと共生させるこのスタイリングこそが、今シーズン、デザイナーのジャントゥイトゥが考えるセクシーな女性らしさだと言うそこでコレクションはメンズシャツを中心にコーディネートを披露デニムシャツとショートパンツを合わせたり、ジャケットやコートのインナーにしたりと、その使い方は自由自在

特にインナーとして使うコーディネートは、上に羽織るウィメンズアイテムとの袖丈の差で、シャツの袖柄を強調できるという効果も今シーズンを象徴するスタイルだ他にも、メンズのトップスやスウェットも使用して、ジャン流のフェミニンなスタイルを作り上げるまたこれらの足元には、ルームシューズのように気軽に履ける、ブラックレザーのバブーシュを合わせて

 

そして今シーズンのビッグニュースとなったのが、「アーペーセー ジャントゥイトゥ(A.P.C. Jean Touitou)」というタグのついた、新たなハイエンドラインの誕生ブラックドレスを繊細なカッティングで表現し、斜めを意識したデザインが特徴的だシンプルに見えながら、ストールと一体化したデザインもあり、着用時に美しく見えるよう計算され尽くしている素材は高級なクレープ素材を使用しており、肌触りも抜群今シーズンのキーアクセサリーとなるレザーサンダルやアクセサリーと合わせて、ミニマルでラグジュアリーなイブニングスタイルを披露した