プラダ

PRADA(プラダ)の2014年秋冬は、ドイツを代表するコンテンポラリーダンサー、振付師のピナバウシュの1970年代の舞台からインスピレーションを受けたコレクションシャビーシック(古めかしくてシックな雰囲気)とエレガンスが同居した独特のスタイルは、どこか隙があって内向的な印象を見るものに与えるミウッチャプラダいわく「今までとは全く異なる新しい方向性で、新しい雰囲気を印象づけたコレクション」なのだというプラダ コイン ケース コピー

 

代表的なルックは、ボタンを一番上まで留めたレギュラーカラーのシャツとルーズなシルエットの股上が深い5ポケットパンツの上に、ジャケットかコートを羽織ったスタイルアビエーターブルー、モーヴ(ライトパープル)、ベージュなどの中間色を組み合わせたカラーパレットはプラダならではの色彩感覚で、色が横並びの今シーズンのミラノの中では異彩を放っている

メインアイテムのテーラードジャケットは、ラペルが広くゴージラインも低めで、多くにパイピングを施しており、70年代の雰囲気が色濃く漂うニットタイを首に巻いたようなスカーフもユニークなアクセントになっている

 

素材はギャバジン、シルクツイル、シルクモヘア、クレープデシン、ワイルドフォックス、ナイロンなど朴訥な素材と対照的にファーが印象的に使われており、ミュージシャン風に着こなした豪奢なファーのコート、ファーをトリミングしたフェンシングの防具のようなベスト、コートジャケットに合わせた丈のストールなどを提案ファーを浮き立たせることなくスタイリングの中に完璧に馴染ませている

ここ数年、常に世間に驚きを与えてきたシューズは、ダブルシェルのスポーティーなラバーソール、ストラップを用いたスクエアトゥの2種類を披露プラダ ショルダー バッグ コピー2014年春夏で誰よりも早く提案した2クッションの長めのパンツ丈は今回も継続している今シーズンは他の多くのメゾンも追随しており、やはりプラダのトレンドセッターとしての才腕に陰りは見えないようだ

Text by Kaijiro Masuda(FASHION JOURNALIST)