ディオール

ディオール(DIOR)の2022-23年秋冬コレクションは、まるで16~19世紀の絵画史に見られる女性の大きな肖像画によって構成されたギャラリーのような空間で披露されたこれはイタリア人アーティストのマリエラベティネスキが手掛けた「ザ ネクスト エラ(The Next Era)」という作品で、過去と現在の女性を取り巻く環境に対する問いをもたらすものだという

時空を超える女性像

ディオール 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 時空を超える“ディオールの美”|写真24

古典的であり、近代的でもある作品に囲まれる中、マリアグラツィアキウリが表現したかったのは、ディオールの美的感覚に革新的なテクノロジーを融合させることクラシックな要素と現代女性のリアル、近未来的な要素を繋ぎ合わせた、過去~現代~未来へ誘う時空を超えるコレクションだ

「バー」ジャケットと“新しいモノ”の出会い

ディオール 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 時空を超える“ディオールの美”|写真2

ムッシュ ディオールが1947年に生み出して以後、メゾンのアイコニックな存在である「バー」ジャケットは、当時のエレガントな構造はそのままに、先進的な技術を採用することで、体の表面湿度を管理し、必要な際には温めるシステムが落とし込まれた“動脈”と“静脈”のような有機的なラインが交差する蛍光色の装飾が施されたボディスーツにも、温度を均一に保つという革新的な技術が用いられている

ディオール 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 時空を超える“ディオールの美”|写真27

「バー」ジャケットとフレアなスカートが織りなす「ニュールック」のスタイルには、メンズワードローブのファブリックが取り入れられ、新しい息吹が吹き込まれたミモレ丈のスカートはランダムヘムにアレンジされているだけでなく、プリーツの遊びが加わえられた新鮮な表情花の刺繍が施されたメッシュ素材のジャケットとワークウェアを彷彿とさせるプリーツのスカートは、現代女性のリアルワードローブのように自由に満ちている

ディオール 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 時空を超える“ディオールの美”|写真73

また、「バー」ジャケットのシルエットを踏襲する、ウエストラインの描き方も今季は非常に特徴的で、古典的なコルセットは“近未来的”なテクノロジーの一環として採用されているかのようディオール オム 偽物力強さも兼ね備えるそれは、フェミニンを確立する新時代の女性の甲冑とも言えるだろうアンダーウェアではなく、アウターの上から巻き付けるレザーアクセサリーの風貌に変化を遂げている

フェミニニティとマスキュリンの表現

ディオール 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 時空を超える“ディオールの美”|写真61

マリアグラツィアキウリが手掛けるマニッシュには、必ずと言っていいほど女性らしさが添えられるが、今季はそれがより一層巧妙だバイカージャケットは、総レースのトップスとミモレ丈のフレアスカートのスタイルに羽織り、ムートン素材のクロップド丈トップスにはコルセットのようなウエストを備えたデニムパンツは部分を合わせている

ディオール 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 時空を超える“ディオールの美”|写真64

そして逆もしかりフェミニニティに加えられた一匙のマスキュリンは、美しいラインを築くブラックのロングドレスに添えられたバイカーのムードのグローブ、チュールが揺れるスカートの足元に見えるSFチックなパンプスから見て取れるディオール スニーカー コピー